スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉手箱を開けると・・・。 第六話あとがき

みなさん、お久し振り過ぎて浦島太郎になっていたカンダタです。

今回のエオラ「たったこれだけ!?」と言われてしまいそうですが、現状においてはこれが精一杯だったのですよ、申し訳ない・・・。
本当はしっかり完成させてから公開したかったのですが、なかなか筆が進まず、なにせ最後に公開したのが七月。このままだと三カ月も更新出来ないことになってしまうので、これは不味いだろうと。

このままでは何時まで経っても公開が出来なくなってしまうので第六話は何回かに分けて公開しよう。ということになりました。

今回、あんな悲惨な出来事からササメをどのように立ち直らせるかがポイントになるのですが、ここが現在悪戦苦闘している真っ最中です。
大まかな流れは決めているのですが、そこにどう肉付けをしていくか・・・ってあれ?以前も同じようなことを言っていて様な気がする・・・。

今回のタイトルから大抵の方は予想できるかも知れませんが、新キャラクターを登場させる予定です。ちょっとネタばれをしてしまうと、この人物にササメを立ち直らせるきっかけを作ってもらう予定です。

次回はいつ公開できるかは未定ですが(下手すると来年になるかも・・・)、また楽しみにして頂けると幸いです。
スポンサーサイト

“エオラ” 第六話 渡り鳥 其の一

あれは何時のことであったろうか。確か三つか四つ位のときで、シトシトと雨が降り注ぐ夜だったと思う。

ベッドでは苦しそうに喘いでいるハセツが寝かされていた。柔らかい頬は真っ赤に染まり、黒いパッチリした瞳も閉じられ、氷枕を後頭部に敷いて寝かされている姿が痛々しい。
ササメはその隣の椅子に腰かけハセツを見下ろしていた。

「ごめんね・・・。」
自分の所為でこんなことになってしまったのに、只見守ることしか出来ない自分に歯痒さと怒りを覚え、唇を噛みしめていると

コン、コン
と、何かが窓を叩く音が聞こえた。いぶかしながら窓に近づくと突然窓を突き破り、鱗に覆われた腕が入ってきた。
腰を抜かして動けなくなっているササメを余所に、腕はハセツを鷲掴みにしたかと思うと、そのまま暗闇へ引きずり込んでしまった。慌ててササメが腕の後を追おうとしたが、時既に遅く、外からは血の匂いと一緒に、ハセツの泣き叫ぶ声と何かを噛み砕く嫌な音が聞こえてきた。

「嫌だっ、ハセツ、ハセツ!!」
自身の声で目を覚まし、安堵したが、それもすぐに消え失せることになった。部屋が暗いのは窓をを閉め切っているだけではないのはすぐにわかる。右手にはあの時の傷が痛々しく残り、主を亡くした隣のベッドは氷のように冷たくなっていた。
ぼんやりと立ちあがり、嘗て彼女が寝ていたベッドに腰かけたササメは再びあの時のことを反芻していた。

もしもあの時私が逃げなければ。
もしも私がモタモタせずにハセツを連れて逃げていれば。
もしも私があんなクエストを引き受けていなければ。
もしもあの時あんなことをハセツに提案していなければ。

しかしそんなことをしても決してハセツが戻ってくることはないというのは分かっている。やがて胸が熱くなったかと思うと、やがて涙が止まらなくなり、あとはただただ泣きじゃくることになった。
「ゴメンね、ゴメンね・・・!!」
震えたササメの声が空しく部屋の中に響いていた。


新モンスターの詳細判明

ファミ通の今週(もう先週と書いたほうが正しいかな?)号で、新PVに登場したモンスターの詳細が明らかになったので紹介してみようと思います。

潜口竜「ハプルボッカ」
まず砂原に登場したサンショウウオみたいなモンスターが判明。普段は砂の中に身を潜め、獲物が近付いてきたら奇襲をかけてくるモンスターのようです。掲載された写真を見ると、のどちんこの存在が確認出来る。記事には部位破壊できるかも?といったコメントが。

個人的には初めて見たとき映画「トレマーズ」に登場したアイツに似ていると思ってしまいました。口から蛇状の触手を出して攻撃してきたりして(笑)。

赤甲獣「ラングロトラ」
火山に登場した赤いアルマジロみたいなモンスターの正体がコイツになります。記事を読む限りでは他にも砂原にも登場するそうです。
長い舌を伸ばしての攻撃、丸まって突進してくる以外にも、悪臭を出して一部のアイテムを使用不可能にしてきたり、麻痺液を出したりと、結構トリっキーな攻撃をしてきます。ババコンガ+オオナズチみたいな感じになるのかな?

そろそろアルマジロみたいなモンスターが出てきてほしいと思っていたので、こいつの参戦は嬉しい限りです。しかしひとつ難を挙げれば、頬を付けるなりもう少し哺乳類らしい顔立ちにして欲しかったかも。牙獣種という設定の割にはかなり爬虫類チックの顔だちをしていたもんですから。
でもそうすると只のデカいアルマジロになっちゃうかも?そういえばこの記事を書いて気づいたのですが、頬って哺乳類特有の器官ですよね。何か特別な理由があるのかな?

他にもいろいろP3について新情報が掲載されていたのですが、とりあえずここまで。

アオアシラ、ウルクススと、個人的には飛竜以外のモンスターがもっと増えて欲しいと思っていたので(前にも同じようなことを語ったような気が・・・)、ますますP3が楽しみになってきました。早く12月にならないかなぁ。

<追記>
今回の記事でチョロっと紹介していた頬の件ですが、コチラで理由が判明しました。もし時間があれば、ほかの記事にも目を通してみることを強くお勧めしますよ。

それとウチのブログに来てくださっている方は大抵エオラを楽しみにして来てくださっていると思うのですが、なかなか更新出来ないで申し訳ないです。改めて物語を作るのは難しいんだなと、今更ながら実感していますって、これも昔同じようことを書いたような気が・・・。

最新コメント

最新コメント

最新コメント

プロフィール

カンダタ

Author:カンダタ
雑記やらその他諸々ごった煮ブログになると思います。

メールアドレスはこちら↓
kumonoito_trail●yahoo.co.jp

●を@に変更してください。

HN:カンダタ
性別:男
出身地:西日本のどっか
モンハン占いではイャンガルルガになりました。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。