FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“エオラ”  第四話  血染めの雪 前篇

日もとっぷりと暮れ、月と星が空を覆う頃、ササメ達は雪山の中腹部にいた。
「思ったよりも集まらないわね。」
ササメがそう呟きながらポーチの中を覗きこんでいた。

今夜彼女たちが受注したクエストは雪山草の納品。雪山草とはフラヒヤ山脈周辺に自生している薬草で、精製した後滋養の高い薬湯の元となり、近隣の村々は勿論、都市部での需要もあるためにギルドでも高値で買い取ってくれるのである。

麓付近で採取していたのだが、見込んでいたより取れなかったので中腹まで来たのだがここでも期待していた程は取れなかった。ハセツが場所を変えてみてはどうかと提案しようとしたその時、突然先頭を歩いていたバッケが立ち止り、近くの岩陰に隠れるように小声で指示を出した。

「どうしたの?」
「そっと覗くんだ、そうしないと命の保証は出来ないよ。」
ハセツがバッケに言われた通りに覗くと、自身の目を疑いたくなるような光景が広がっていた。
岩壁と崖に挟まれた小さな雪原にポポが一頭横たわっていたのだが、それだけではなかった。ポポの上に一つの大きな影がのしかかっていた。いや、貪っていたと言った方が正しいだろう。
殺されてそんな時間が経過していないのであろう。喰い破られたポポの腹から見え隠れするぬらぬらと光る腸からは湯気が沸いている。物音一つしない雪原で腸を咀嚼し、骨を齧る音を不気味に響かせているその影の正体こそ、この地方で“大顎”と呼ばれ恐れられているティガレックスそのものであった。

「こんな所で遭遇するなんて・・・!」
「此処にいたら僕達も危ない、早く引き返そう。」
ゆっくりと二人が引き返そうとすると、すぐにハセツが立ち止ってしまった。
ササメが歯をガタガタと鳴らし、死人の様に顔を真っ青にして座り込んでいたのである。
「ササメ、どうしたの?まさか・・・!?」
ハセツがササメの元へ駆け寄ろうとしたその時。

「不味い!」
さっきまで雪原から吹いていた風が逆になった。
彼女達の匂いが大顎の元へ風に乗って、居場所を教えることになってしまったのである。

大きな影が突然空から舞い降りてきたと思うと、雪煙を巻き上げて着陸した。
ササメ達がそっと顔を上げると、大顎の姿がありありと見えた。
橙色の鱗に覆われ、藍色の縞模様に縁どられた胴体。
口紅を塗りたくったようにぬらぬらと真っ赤に染まった口元からは、家畜を解体する時に使うナイフのように太くて長い牙がズラリと並び、例えようも無い嫌な匂いが口からあふれ出ている。
丸太の様に太くて逞しい前脚からは三本の鋭い爪が生えており、まるで地獄の鬼が亡者を責めるのに使う槍のよう。
体の所々に羽毛が残り、全長もまだ七、八メートルばかり。見ようによっては幼さが残る尖った顔つき。おそらく独り立ちしたばかりの亜生体であると思われるがその姿は、紛れもなく“大顎”ティガレックスのそれである。


こんな状況になってしまっては仕方がない。ハセツはさっと片手剣を抜き、バッケも背中に担いだ戈を構え負けじと大顎を睨んだ。
襲う相手が複数だった場合、まず捕食者は選別をする。
どいつが一番弱って襲いやすいか、またどいつが一番元気で捕まえにくいかである。
もしもこの選別に失敗すれば、狩りを失敗するばかりか、下手をすれば獲物から逆襲と言う手痛いしっぺ返しを受ける羽目になる。そこですぐには襲わずに相手の出方をこの大顎は観察しているのである。
その為ここで少しでも自分達が強いように誇示すれば、上手くいくと自分達の事を諦めてくれるかも知れない。
だが、そんなちっぽけな望みはすぐに絶たれることになった。

「嫌だ、嫌だ・・・・!!」
突然ササメが立ちあがったかと思うと、進行方向とは間逆、つまり雪原のほうへ走り去ってしまったのである。
勿論これを大顎が見逃す訳が無かった。風のような速さでササメに追いつくと、そのままあの鋭い爪のついた腕を振り下ろした。
ササメの耳には、ハセツの叫び声と風の切る音が響いた・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お邪魔します。
エオラキタ---!! 待ってましたよ~。
実に続きが気になる終わり方ですね。ワクテカしながら
後編をお待ちしております。

私も目下新作準備中(いつになるか不明だけどw)ですので、
お互いに頑張りましょうね。

では、また。

No title

コメントどうも有難う御座いました。

お待たせしまして申し訳ありませんでした。
こんなコメントを頂くと掛け値無しで嬉しいもんです。次回はいつ更新できるかわかりませんが楽しみにしていて下さい。

オォ、新作ですか!?
またお目にかかれるのを楽しみにしていますよ。お体に気をつけて創作活動に励んでください。

そして、こちらも頑張りますんでよろしくお願い致します。

最新コメント

最新コメント

最新コメント

プロフィール

カンダタ

Author:カンダタ
雑記やらその他諸々ごった煮ブログになると思います。

メールアドレスはこちら↓
kumonoito_trail●yahoo.co.jp

●を@に変更してください。

HN:カンダタ
性別:男
出身地:西日本のどっか
モンハン占いではイャンガルルガになりました。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。