FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四話のあとがきにかえて

皆様お久しぶりです。
今回やっとスランプから脱出?出来たので第四話公開できました。

以前にも書いたと思うのですが、元々の骨組み自体は以前から出来ていたのですが、思うような文章が書けなかったのと、私生活でゴタゴタが続いたというのもあり、執筆が難航していたのです。
一時は「執筆活動なんか辞めてやる!!」と腐っていた時期もあったのですが、なんとかモチべーションが復活したので再会することが出来ました。
楼蘭さん、くどいようですが心温まるコメント本当にどうも有難う御座いました。

さて話は変わり、ティガレックスの描写ですが多くの方は「ティガに羽毛なんて無かっただろ、この作者は⑨か!?」っと突っ込みを入れた方も多い筈(⑨=バカという意味です)。

しかし全く根拠が無くてこんなオリジナル設定を入れたわけではありませんので、読み進めて下さったら幸いです。
まず羽毛の存在意義ですが、現生の鳥類を見ると飛行の際に遺憾なく発揮されている器官の為、これのために発達したものの様に見えますが、本来は保温の為に発達した器官らしく嘗て鳥類と恐竜の共通の先祖だった生物の内、樹上生活を選択したものの一群が滑空する為に羽毛を発達させ、さらに全身の器官を飛行する為により便利に体を作り替えていったのが鳥類の始まりだといわれています。歯が完全に無くなり嘴だけになったり、軽量化の為に他の脊椎動物と比較すると骨密度が低いのもその為です。また余談ですが、一部の学者からは恐竜は完全に絶滅したわけではなく、鳥類に姿を変えて生き残っていると考えている人もいます。

この羽毛と言う性質、恐竜にも受け継がれ、近年中国でも羽毛の痕跡が残った小型恐竜の化石が続々と発見されたというニュースを知っている人もいるのではないでしょうか。「ジュラシック・パーク」に登場したヴェロキラプトルにも羽毛が生えていたことが判明したしたそうです。

そこで僕は「なら飛竜種や鳥竜種のモンスターにも子供の間だけなら保温の為に羽毛を持っていてもおかしくないのでは?」と思い、羽毛が生えたティガレックスを登場させました。ティガレックス自体雪山と砂漠と言う、過酷な環境に生息しているモンスターと言う設定なので、他のモンスターと比較すると身を守るために羽毛が体表に残る期間が長く、普段ギルドではその時期のティガは狩猟対象としていない為ゲーム中には登場しない、という設定になっています。

確かオフィシャルの設定でもイャンクックが抱卵する時期にはクックファーと呼ばれる体毛が生えるという設定があったと思いますし、ハンター大全Gでもナルガクルガの様な羽毛が生えた飛竜は比較的多いという記述があった為、そんなに滅茶苦茶な設定だとは個人的には思っていません。

ちなみにティガレックスのモチーフになったと言われている恐竜ティラノサウルスも、近年中国で発見された近縁種にも羽毛の痕跡が確認されています。
またこれも近年判明したことですが、ティラノサウルスの亜成体の頭部は成体と比較するとやや尖った顔つきをしていたことも確認されたそうです。

ここまで、「本当に真面目なモンハンファンから、いい加減にしろ!!って怒られたらどうしよう・・・。」と冷や汗をかきながらキーボードを叩いているのは此処だけのお話です(笑)。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント

最新コメント

最新コメント

プロフィール

カンダタ

Author:カンダタ
雑記やらその他諸々ごった煮ブログになると思います。

メールアドレスはこちら↓
kumonoito_trail●yahoo.co.jp

●を@に変更してください。

HN:カンダタ
性別:男
出身地:西日本のどっか
モンハン占いではイャンガルルガになりました。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。