スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オォゥ…ハセツ…。 第五話あとがき

色々、あったな・・・。」byスタスク(マイ伝)

というわけで、プライベートで色々ありましたが、なんとかこちらへ戻ってこられました、カンダタです。

一時は本気で創作活動なんて辞めてやる!!なんて嘯いていた時期もありましたが皆様の温かいコメントに支えられ、戻ってこられました。くどいようですが本当に有難うございました。

さて、今回のエオラですが前回の終わり方から何となく展開を予想出来た方もいると思います。そして予想通りに最悪の結末になってしまったわけです。
最近僕はなんとなくモンハンの世界観を掴む為にオフィシャルで出ている小説にも少し手を出しているのですが、それを読んでいて気になった点が一つありました。

それは流血描写が殆どない、もしくはあったとしてもかなり簡略化されているという点です。
対象年齢の問題もあるとは思うのですが、モンスターハンターというモンスターを狩り、その命で自身の命を紡いでいくという世界観のゲームなのに、余りに過度な表現は例外として「死」を匂わせるような表現が成されていないのはおかしいのではないであろうか。
そこを表現せずに、ただ仲間と一致団結してモンスターを倒す、そしてハイモンスターを退治しました。やっぱ仲間はいいなぁというだけではモンハンを題材に物語を作る必然性が感じられないと思ってしまうのは僕だけでしょうか。(好きな方は申し訳ありません。)

重い話ばかりで申し訳ないですが、僕の物語「エオラ」ではこれからも流血描写が度々登場すると思いますが、それでも御付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、楼蘭です。

オフィシャル小説に猛烈な違和感を覚え、二巻目以降は読んでいない人間として、諸手を挙げて賛同します。

手前味噌で恐縮ですが、私はコミカルだったりダークだったりするMH小説を書きはするものの、その背景には公式小説に対するアンチテーゼが多分に含まれていたりします。

否定できる立場にはありませんが、安直な友情ドラマとバトルに対する不満が、アンリアルな男女関係だったり、多少なりともリアルを意識したヒューマンドラマになっているわけで……つまり、なにが言いたいのかといいますと、今作は存分に“受け止め”させていただきました。

カテゴリを作成したものの、公開をためらっているとある作品の続きを、自分もきちんと仕上げようという勇気をもらった気がします。

痛みや苦しみに、時に囚われ、時に克服し、他者へと投影できるからこそ、ヒトはヒトたりえる――。

これからも、お互いにヒトらしいヒトの登場するモンハン小説を書いていきたいですね。

長文、失礼しました。

No title

お邪魔します。

でもって、おかえりなさい。カンダタさんが創作のフィールドに帰ってきてくれて、
私は嬉しいです。そしてハセツゥ……オオゥ……。

続きを楽しみにして待っておりま~す。

では、また。

楼蘭さんへ。

コメントどうもありがとうございました。

オフィシャルの小説は宣伝も兼ねていると思われますので、どうしても表現の幅が狭められているのだと思います。それでもあまり偉そうな事を言える立場では無いのですが、「もう少しなんとかならないのか」という感想を抱いてしまいます。
個人的にはゆうき○ん先生版はまだ面白かったのですが、○上慧一先生版からつまらなくなってしまった印象があります。良いか悪いかは別としてゲームの内容をそのまま文章にしただけ、という印象を受けてしまいました。
僕は友情ドラマやバトルが嫌いというわけではないのですが、モンハンでそれをやる必然性がイマイチ感じられないのですよ。

>痛みや苦しみに、時に囚われ、時に克服し、他者へと投影できるからこそ、ヒトはヒトたりえる――。
正にその通り、と僕もこのコメントを読ませていただいたときにはモニターの前で頷いていました。
己の過失で最愛の人を失ったササメ。彼女がどう自身と折り合いをつけて立ち直っていくのか。次回は何時更新出来るか判りませんが、楽しみにしていて下さい。

>カテゴリを作成したものの、公開をためらっているとある作品の続きを、自分もきちんと仕上げようという勇気をもらった気がします。
嬉しい半面、何とも恐れ多いことをしてしまったなぁと思っています(笑)。また公開されるのを楽しみにして待っています。

キリロクブさんへ。

コメントどうもありがとうございました。

>カンダタさんが創作のフィールドに帰ってきてくれて、 私は嬉しいです。
本当にありがとうございます。こうやって創作のフィールドに返ってこれたのも皆様の励ましの言葉があったからです。

>そしてハセツゥ……オオゥ……。
せめてもの救いは盾で防御していたということでしょうか。もし丸腰でいってたらタイトルの元ネタ宜しく胴体真っ二つにされていましたからねぇ。

>続きを楽しみにして待っておりま~す。
次回は何時更新出来るかは未定ですが楽しみにしていて下さい。来月はもう仕事の予定がパンパンになっていますので少し厳しいかも、です。
こんな拙い文章しか書けないつまらない男ですが、これからも宜しくお願い致します。



最新コメント

最新コメント

最新コメント

プロフィール

カンダタ

Author:カンダタ
雑記やらその他諸々ごった煮ブログになると思います。

メールアドレスはこちら↓
kumonoito_trail●yahoo.co.jp

●を@に変更してください。

HN:カンダタ
性別:男
出身地:西日本のどっか
モンハン占いではイャンガルルガになりました。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。