スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“エオラ” 第六話 渡り鳥 其の一

あれは何時のことであったろうか。確か三つか四つ位のときで、シトシトと雨が降り注ぐ夜だったと思う。

ベッドでは苦しそうに喘いでいるハセツが寝かされていた。柔らかい頬は真っ赤に染まり、黒いパッチリした瞳も閉じられ、氷枕を後頭部に敷いて寝かされている姿が痛々しい。
ササメはその隣の椅子に腰かけハセツを見下ろしていた。

「ごめんね・・・。」
自分の所為でこんなことになってしまったのに、只見守ることしか出来ない自分に歯痒さと怒りを覚え、唇を噛みしめていると

コン、コン
と、何かが窓を叩く音が聞こえた。いぶかしながら窓に近づくと突然窓を突き破り、鱗に覆われた腕が入ってきた。
腰を抜かして動けなくなっているササメを余所に、腕はハセツを鷲掴みにしたかと思うと、そのまま暗闇へ引きずり込んでしまった。慌ててササメが腕の後を追おうとしたが、時既に遅く、外からは血の匂いと一緒に、ハセツの泣き叫ぶ声と何かを噛み砕く嫌な音が聞こえてきた。

「嫌だっ、ハセツ、ハセツ!!」
自身の声で目を覚まし、安堵したが、それもすぐに消え失せることになった。部屋が暗いのは窓をを閉め切っているだけではないのはすぐにわかる。右手にはあの時の傷が痛々しく残り、主を亡くした隣のベッドは氷のように冷たくなっていた。
ぼんやりと立ちあがり、嘗て彼女が寝ていたベッドに腰かけたササメは再びあの時のことを反芻していた。

もしもあの時私が逃げなければ。
もしも私がモタモタせずにハセツを連れて逃げていれば。
もしも私があんなクエストを引き受けていなければ。
もしもあの時あんなことをハセツに提案していなければ。

しかしそんなことをしても決してハセツが戻ってくることはないというのは分かっている。やがて胸が熱くなったかと思うと、やがて涙が止まらなくなり、あとはただただ泣きじゃくることになった。
「ゴメンね、ゴメンね・・・!!」
震えたササメの声が空しく部屋の中に響いていた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント

最新コメント

最新コメント

プロフィール

カンダタ

Author:カンダタ
雑記やらその他諸々ごった煮ブログになると思います。

メールアドレスはこちら↓
kumonoito_trail●yahoo.co.jp

●を@に変更してください。

HN:カンダタ
性別:男
出身地:西日本のどっか
モンハン占いではイャンガルルガになりました。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。